八王子市・日野市の建設業許可、会社設立、相続手続き、在留許可、帰化申請、車庫証明、内容証明、契約書作成

事実婚

TOP > 市民法務その他 > 事実婚

 事実婚

 保障について

婚姻届を提出している夫婦と同じように、事実婚においても、健康保険、年金関係、行政サービスや手当など一定の保障が受けられます。ただし、税法上の優遇措置については、適用がありません。また、相続について、事実婚では法律上の配偶者とならないため、お互いに相続権はありません。パートナーに財産をのこすためには、必ず遺言書を作成しておかなければなりません。

 子どもの戸籍

事実婚の夫婦は、それぞれ別々の戸籍です。したがって事実婚の夫婦の間に生まれた子どもは、母の戸籍に入ります(父が認知した場合は、父の氏名が戸籍に記載されます)。夫婦の話し合いにより、家庭裁判所の許可を得て、母の戸籍から父の戸籍に入れることもできます。

 事実婚(内縁)を証明するには

事実婚を証明するものとして、夫(未届)又は妻(未届)と表記されている住民票がありますが、事実婚に関する契約書(準婚姻契約書)を作成しておくと、さらに円滑に交渉が進められたり、周囲の人に事実婚であることを理解してもらいやすくなります。

 事実婚(内縁)の方のために書類を作成いたします

事実婚の方にとって、最も必要なものは、遺言書を作成することです。パートナーに財産をのこしたい方は、必ず公正証書で遺言書を作成しておきましょう。遺言書、準婚姻契約書、その他合意書の作成をお考えの方は、お気軽にご相談下さい。

 お問い合わせ先

きたむら涼子 行政書士事務所

 きたむら涼子 行政書士事務所
  【担当業務】
  同性パートナー・離婚協議書・事実婚・遺産分割協議書
  遺言書作成・人材派遣業許可  

powered by Quick Homepage Maker 4.50
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional